Hope 4 Cooperation

家具家電付きマンスリーマンションに住んでみる

いきなりどこかほかの場所で暮らしたくなった時に

家具家電付きのマンスリーマンションは実際にその土地で問題なく暮らすことができ、事前に準備が必要のないことが魅力になります。主に駅前の一等地にありますし、予定を立てて行動しなくても空き物件があれば対応してもらうことができます。余裕があるのなら1か月以上前に予約をしておくと割引サービスを受けることができる会社がたくさんあります。ペット可のマンスリーマンションも用意があり、かなり高額にはなりますが、実際に暮らしてみることができること、住民票を動かさずに済むことといった大きなメリットがあります。

家具家電付きの賃貸住宅をマンスリーで借りてみる

大東建託や積水ハウスなど大手の住宅メーカーが手掛けている賃貸マンションは6か月以下の解約は違約金がとられてしまうものの、家具家電付きで敷金礼金不要などキャンペーン価格で入居することができます。テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンがあらかじめ設置されているので、家具で用意しなければならないものはふとんだけで済みます。住民票を移すことができますし、年間契約ができたりと契約内容を個別に対応してもらうことができます。

ウィークリーマンションよりもマンスリーがおすすめ

ウイークリーマンションは1日単位で利用することができ便利ですが、人の入れ替えが激しいので1か月以上滞在することが確定しているのなら、マンスリーマンションのほうがおすすめです。ウイークリーは空きがなければ延長できませんが、マンスリーは契約をしておいて不要になれば清算することができます。ウイークリーでは自分で掃除をしなければならない場合が発生しますが、マンスリーなら毎日の清掃は管理費用に含まれていますので、外出時に清掃してもらえるため快適な生活ができます。

マンスリーマンションを契約するメリットには、敷金や礼金などの初期費用が不要であり、家具や家電を購入する必要もない点が挙げられます。